日中技能者交流センター、JCSEC

日中技能者交流センター
ライン

第44回理事会、第28回評議員会を開催

コロナ禍による出入国制限の後遺症克服を目指して

2023年度事業計画と予算が承認されました

 2023年を迎え、ようやくコロナ禍にも一定の収束が見られ、日本政府における外国人出入国制限もほぼ解消されました。
 しかしながら、約3年間に渡る出入国制限と海外交流の停止は、当財団の事業運営に大きな影響を与え続けています。
 こうした現状を踏まえつつ、ウイズコロナ時代における当財団の事業展開に関する2023年度事業計画並びに予算を立案し、ほぼ3年ぶりに完全な対面形式による第44回理事会と第28回評議員会を3月28日に開催し、原案通り承認されました。
 2023年度は、コロナ禍からの回復、特に財政面において回復の2年目と位置づけられました。世界的にはコロナ禍からの回復の程度に不確実性が見られることから、事業の推進にあたっては年度内に状況の点検を行いつつ、今後の状況の推移を注視していくことにしています。


評議員・交代候補者


冒頭 岡島理事長からのあいさつ
冒頭 岡島理事長からのあいさつ


理事会・評議員会は対面で行われました
理事会・評議員会は対面で行われました



地方駐在員だより

特定技能生の転入手続きに同行して

新潟駐在 ホ カオ ニャット クアン

 2022年9月1日から、新潟駐在としてお世話になっております。
 学校を卒業した後、贈答品の販売会社で新潟市にある各セレモニーホールの香典返しを担当しましたが、日本では少子高齢化が進んでいるため、外国人労働者が増えていますので、これまで日本に住んでいる中で蓄積した日本語力や社会人経験を生かして、日本で働きたいと思うベトナム実習生や特定技能生を支援したいと考え、ベトナム人人材紹介・管理・支援業務を志しました。
 入職して5か月が経過しましたが、わからない事がたくさんあり、上司や先輩の方々にサポートしていただいていますので、少しずつ慣れてきています。
 現在、担当している受け入れ企業(お菓子メーカー)が特定技能生を採用していますので、転入手続きが続いています。特定技能生が県外から移動することは大変だと思います。皆さんが予定の通りに来れない事もありました。
 これからも特定技能生が安心しながら働いていただけるように頑張っていきたいと思います。


特定技能生の転入手続きにサポートとして同行(中央がクアン駐在)
特定技能生の転入手続きにサポートとして同行(中央がクアン駐在)



歳時記

ラマダンとは

 今回の歳時記は、新たに受け入れが始まるインドネシアのお国事情レポートを送り出し機関K社から送っていただきました。

 ラマダン月というのはイスラム教徒が断食を行う月。イスラム教では日の出(サラートファジュル)から日没(サラートマグリブ)まで断食が行われます。断食明けの夕方になると、多くの屋台がタクジル(伝統的なお菓子)を売り始めます。ラマダンは、ザカート フィトラ(※①)の支払いとイードの祈り(※②)で終わります。ラマダンは貧乏な人に思いをはせる為と、大災害時の訓練の為に行います。小学生からやっていますので、我慢強い子もたくさんいます。
 今年はラマダン明けの22日にラマダンが終了した後1週間は親戚に挨拶(HALAL BIHALAL)に行って1年間のお互いの悪い事をあやまります。そして新しい気持ちでこれからも宜しくと抱擁します。その時は一番気持ちがいいです。

サラートの情報(ウィキペディア(Wikipedia):フリー百科事典)https://w.wiki/3H7b

※①ザカート フィトラ…ラマダン明けに使徒が食料を寄付すること(乾燥ナツメヤシなど)
※②イードの祈り…ラマダン明けの大きな祝祭(犠牲祭)に羊などを供え、感謝を祈る儀式


断食明け ごちそうの数々
断食明け ごちそうの数々



技能実習情報掲示板

2023年(令和5年)1月以後に非居住者である親族(海外在住者)
について扶養控除等の適用の留意点

 2023年1月以後に技能実習生、特定技能外国人が源泉徴収や年末調整にあたり、母国にいる親族の扶養控除等(扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除又は障害者控除)の適用を受ける場合は、ご留意ください。
 また、確定申告において、非居住者である親族について扶養控除等の適用を受ける場合、「親族関係書類」、「留学ビザ等書類」、「送金関係書類」又は「38 万円送金書類」を確定申告書に添付し、又は確定申告書の提出の際に提示する必要があります。ただし、給与等の支払者に既に提出し、又は提示したことにより年末調整において扶養控除等の適用を受けている場合のこれらの書類については、その必要はありません。


 



一ツ橋

 政府の方針によれば、5月から新型コロナも「普通」の病気という扱いとなるようです。おりしも、宇宙ステーションから世界を見守っていた「アマビエ」様の像が地球に帰還したというニュースを目にしました。
 江島神社に祀られるというアマビエ様のさらなるご利益にも期待しつつ、あとは私たちがみずから用心しながらつきあっていく事となりそうです。コロナウイルスがこのまま、本当の意味で「普通」の病気となってくれることを願います。

(H・N)



技能実習生受入企業募集
中国派遣日本語教師募集
日中友好協力基金
センターニュース
ご連絡先一覧
アクセス
リンク集

HOMEアクセスサイトマップホームページのご利用にあたってプライバシーポリシー