日中技能者交流センター、JCSEC

日中技能者交流センター
ライン

『中国で日本語を教える魅力って何ですか?』

日本語教師募集要項(2014年度版)

中国派遣日本語教師
宮本教師
<ご経歴>
日本語教師
宮本美穂(みやもと みほ)さん
「1、2年後には、また中国の大学で日本語を教えることができたらいいなと思っています。」
2000年9月から一年間香港大学(個人契約)へ赴任し、帰国。「教えることの大変さ、楽しさを知ることができた一年でした。」と振り返り、「また、大好きな中国で日本語を教えたい。お互いの文化を共有しながら、日中友好に少しでも貢献していきたい。」との思いで、センター中国派遣日本語教師プログラムに応募し、2002年度研修会(セン ター主催)を修了。
その後、韶関(しょうかん)学院(2002年)、天津濱海職業学院(2004年)、東北大学秦皇島分校(2011~2013年)からの招聘を受けて、中国赴任。

河北省のアピールポイント
1 全国でも有数な農業大省。梨や葡萄、落花生、牛肉などの生産高が全国上位。また、省内には河北油田があり、その他石炭、鉄鉱石などを産出している。
2 名所旧跡としては、清朝の離宮・避暑山荘と外八廟(承徳)、中国北方有数のリゾート地・北戴河(秦皇島)、万里の長城の東端・山海関(秦皇島)、清朝の陵墓・清西陵(唐山)と清東陵(保定)などがある。

中国で日本語を教える魅力とは?
(1)中国で日本語を教えることについて

①どんなことに喜びや楽しみを感じますか?
1年生がだんだん日本語が話せるようになって、会話を楽しんでいる様子を見ること。

②どんなことに苦労しています(しました)か?
1.文型を教える時に、その文型を自然に使えるような状況設定を考え、会話を展開させること。
2.発音やアクセントなどの指導。

③教師は、日本語教育を通じて、どのような役割を果たすことができるとお考えですか?
日本や日本文化を紹介することを通じて、日本を正しく理解できるようにし、日中友好関係を築くことが出来ると思う。

④教師には、教師としての能力の他に、どのような素養が求められると思いますか?
人間力。人が好き。世話好き。正しい歴史観。

中国派遣日本語教師

(2)中国の学生(日本語学科)について

①学生の勉強ぶりを教えて下さい。
学生によるが、一般的に勉強熱心である。

②学生の学校生活を教えてください。
ほぼ全員が寮生活をしており、友人との和と大切にしていると思う。

③学生との交流の様子を教えてください。
順番に学生を部屋に呼び、会話を楽しんでいる。その中で、学生の趣味などを詳しく聞いていると、教室活動で非常に役に立つと思う。また、時にはカラオケなどに行って、一緒に娯楽を楽しんでいる。

中国派遣日本語教師

(3)中国で生活することについて

①中国で生活する楽しみについて教えてください。
異文化をその国で身近に感じられる。

②中国滞在中に旅行されましたか?その際に印象に残ったことを教えてください。
一番印象深かったのは、 九寨溝と黄龍の四川省への旅行です。中国人のツアーで行くと安いので、中国人とずっと一緒に旅行しました。困ったことがあるとすぐよって来て助けてくれました。優しく、思いやりがあり、中国人の人間性を感じ、同じ人間だと言う思いが強くなりました。

③その他、何かありましたら、教えてください。
まず、こちらが心を開く事が大事だと思います。

中国派遣日本語教師

(4)日本語教師(IN中国)について、何かお気づきの点がありましたら、教えてください。

中国語が全く話せないのはしかたがないが、勉強しているという姿勢は学生に見せないと、非常に失礼であると思う。

(5)センター派遣の日本語教師で良かったと思えることなどがありましたら教えてください。

きちんと取り決めた規則(授業数週16時間以内など)があるのは心強い。そのルールに則ってやらないと、受け入れ校の言われるままになってしまう。かなり、常識はずれのことを要求されることも多い。
センター派遣で特に良かったと思えるのは、仲間がいるということである。いろいろなことを相談できるし、ともに励まし合って、頑張れるので心強い。

目次に戻る


技能実習生受入企業募集
中国派遣日本語教師募集
日中友好協力基金
センターニュース
ご連絡先一覧
アクセス
リンク集

HOMEアクセスサイトマップホームページのご利用にあたってプライバシーポリシー